【CTL-4100】Osuのために格安ペンタブレット購入

pcガジェット

今回はWacomから販売されている最新のペンタブを紹介したいと思います。

特にお絵かきする予定はありませんが、Osuをやっているのでそのために購入しました。Osuのために購入したのでとりあえず一番小さいサイズの商品を購入しました。

開封

外箱は中央に色鮮やかな絵が描かれています。恐らくこのペンタブで描いた絵だと思います。

そして右下に「ソフトウェアを1つダウンロードできます」と書いてあり

  1. Corel® Painter® Essentials™ 7
  2. Corel® AfterShot™ 3
  3. CLIP STUDIO PAINT PRO(2年ライセンス)

この中の3種類から1つだけダウンロードすることが出来ます。ただCLIP STUDIO PAINT PROだけは2年のみしか使用できないのでよく考えてからダウンロードすることを推奨します。

開封するとこんな感じでまずはペンタブが大きく全面に覆いかぶさって出てきます。

付属品一覧

  1. ペンタブ本体
  2. ペンタブ専用ペン
  3. USB接続コード
  4. 説明書

内容物はシンプルとなっています。

ペンタブ本体

それでは開封のペリペリをやりたいと思います

ペリッと♪

こんな感じのデザインとなっています。今回はブラックを選びましたが他にもピンクと緑の全3種類のカラーがあります。

上部には4つのボタンがあり一つ一つキーを設定することが出来ます。

ペンタブの前面は点々が複数あり図形がとても書きやすくなっています。

ペンタブ専用ペン

これも袋に入っているので取り出したいと思います。

こんな感じの色で持ち手が少しずつ太くなっている作りとなっています。

色はペンタブのブラックとほぼ同じ色でカッコイイです。

USB接続コード

USBを束ねる奴が最初から巻き付いています。これはゴムなので伸び縮みして束ねやすいです。

接続端子は

  1. PC側に接続するUSB
  2. ペンタブ側に接続するMicroUSB

となっています。

このUSBは100均で売っているMicroUSBでも代用できるかもしれません。

説明書

ただの説明書です。特に何もなかったです。

PCで使用してみる

PC本体にUSBでつないで使っていきたいと思います。

つなげるとこんな感じ上部のランプが点灯します。

しかしこれではまだ使えません。

ドライバのダウンロード

次にドライバをインストールしたいと思います。

Wacom|ドライバダウンロード

このページからドライバをダウンロードできます。

製品OS
Wacom Intuos (CTL-4100、CTL-4100WL CTL-6100WL)Windows10検索

今回はCTL-4100なのでこんな感じにして検索をクリックしてください。

そしてその先の最新バージョンを選んでください。現在の場合は

タブレットドライバ Windows V6.3.38-2Jwi

が最新バージョンなのでこれを選択します。

これでダウンロードは完了です。

ダウンロードしたexeファイルを起動したら同意するを選択してダウンロード後に再起動をしてください。

これでドライバのダウンロードは完了です。

これでやっとPCで使用可能になりました。

ワコム タブレットのプロパティ

ドライバをインストール後に自動的に追加されるソフトです。

このソフトを使うとペンの可動範囲を指定出来たりしてとても便利です。

その他にもペンタブ上部のボタンのキーを変更することが出来ます。

デスクトップセンターの自動起動

PCを起動すると毎回デスクトップセンターが勝手に起動するので自動起動をオフにすることを推奨します。

やり方は

  1. デスクトップセンターを起動
  2. 左上の “ファイル(F)” を選択
  3. “自動開始(A)” のチェックを外す

これだけで自動起動をオフにすることが出来ます。ただたまにペンタブが反応しない場合があるのでよく使う方はオフにしない方が良いかもしれません。

まとめ

現在はOsuで使用中です。ペンタブは初なので少し難しいですが慣れると楽しいと思います。良い買い物をしたと思います。

評価

メリット
 絵を描きやすくなった
Osu等のゲームもマウスではなくペンタブを使用することによってやりやすくなった
価格もお手頃価格で誰でも手が出しやすい
ソフトが無料で手に入るのでお得
デメリット
ドライバを導入しないといけないので直ぐには使えない
書き心地は微妙な感じ
液タブと違ってモニターの画面を見ないといけないので慣れが必要

購入リンク

タイトルとURLをコピーしました