【Ruby】WindowsでRubyの開発環境を構築しよう #1

Ruby

今回はRubyでプログラムを書いてみたいと思ったためWindowsで開発環境を準備したいと思います。

Macでも良いのですが自分はWindowsをメインで使用しているため今回はWindowsで準備したいと思います。

Rubyの開発環境準備

やはりプログラミングとなると難しく考える方もいると思いますのでまずはダウンロードから始めたいと思います。

1.Rubyのダウンロード

まずはRubyをダウンロードしていきます。

Downloads
The easy way to install Ruby on Windows This is a self-contained Windows-based installer that includes the Ruby language, an execution environment, important...

ダウンロードはこちらのリンクからダウンロードする事が出来ます。

Rubyのバージョンは沢山ありますがおすすめは「=>」このマークが付いている奴がおすすめです。

今回は「Ruby+Devkit 2.7.3-1 (x64)」をダウンロードします。

ダウンロードしたら実行してください。

実行するとこのように表示されるので“I accept the Licence”にチェックを入れて右下にある”Next”をクリックしてください。

右下にある”Install”をクリックしてください。

右下にある”Next”をクリックしてください。

するとインストールが開始されます。

インストールが完了したら右下にある”Finish”をクリックしてください。

Rubyの導入

先ほどのFinishをクリックをしたらRubyInstaller2が起動するので“1,3”と入力してEnterキーを押してください。

インストールが完了したらこの画面になるのでEnterキーを押して終了です。

しっかり導入されたか確認する方法

まずは”cmd”と検索してコマンドプロンプトを起動してください。

次に“ruby -v”と入力してEnterキーを押してください。

ruby -v

実行結果に導入したrubyのバージョンが表示されれば完了です。

タイトルとURLをコピーしました